英語ニュース

  • HOME >
  • ENGLISH NEWS

英語ニュース

健康・医療

過去のニュースの中から豊富なトピックが選べます。
全てのトピックに音声・クイズ・やさしい英語の表現がついています。

健康・医療
Quake Evacuees Suffer Economy Class Syndrome
According to media reports, evacuees in Kumamoto and Oita are suffering from economy class syndrome. The regions have experienced many tremors since April 14th, including a magnitude 7.3 quake. Economy class syndrome occurs when people remain in the same position for long periods. This can cause blood clots to form in the veins of the legs. The condition can be fatal if the clots block blood flow. It can be prevented by not sleeping in a sitting position, walking and drinking sufficient fluids. However, the risk is growing among evacuees as many are living in limited spaces such as cars. The government is trying to raise awareness of the issue and preventive methods. Businesses and individuals have also joined medical workers to address the problem. This includes distributing items such as compression stockings and cardboard beds.
熊本地震の避難生活者でエコノミークラス症候群多発
4月14日以降、熊本・大分地方では、マグニチュード7.3の地震を含む多くの地震が発生しており、これらの地震による避難生活者の間でエコノミークラス症候群にかかる人が出ていると、報道が伝えています。 エコノミークラス症候群は、長時間同じ姿勢でいる場合に起こります。足の静脈に血の塊ができ、それが血管に詰まると命にかかわる状態に陥ることもあります。この病気は、座った姿勢で眠らないこと、歩行すること、十分に水分を摂ることで、予防できます。しかし、避難生活者たちの間では、車中などの限られたスペースで生活している人が多いため、この病気にかかるリスクが高まっています。 政府は、エコノミークラス症候群とその予防法について啓発に努めています。医療従事者とともに、企業や個人もこの問題に取り組んでおり、弾性ストッキングや段ボール製ベッドなどの配布が行われています。
健康・医療
Japan Introduces National Cancer Registry
In January this year, the Japanese government introduced a national cancer registry. The system is intended to provide insights into the country’s leading cause of death. The registry will gather basic information such as patient numbers, incidence rates and treatment effectiveness. This data will be registered in an integrated national database. Statistical information is to be shared with central and local governments for control and research purposes. It will also be released to the public. To ensure reliability, patient data is to be registered automatically following diagnosis. As the records include personal details, data management procedures are strictly set by law. The registry is a key element in the government’s plans to fight cancer. It will also offer information to individuals on topics such as cancer prevention and treatment. However, based on a public survey, awareness of the system is still relatively low.
日本で全国がん登録スタート
今年1月、日本政府は全国がん登録を導入しました。この制度は、日本の死亡原因第1位であるがんについて、把握するためのものです。 全国がん登録では、患者数や罹患率、治療効果など、基礎的な情報を集めます。こうした情報は、国の統合データベースに登録されます。統計情報は、がん対策や研究を目的として、国や地方自治体で共有されることになっており、国民にも公開されます。信頼性を確保するため、患者の情報は、診断後に自動的に登録されます。登録データには個人情報が含まれることから、情報の管理方法が法律で厳しく定められています。 この登録制度は、政府のがん対策計画の中で鍵となる要素です。また、この制度によって、個人にも、がん予防や治療法などに関する情報が提供されるようになります。しかし、国の調査によると、この制度の認知度はまだ比較的低いようです。
健康・医療
REM Sleep Supports Important Brain Activities
Japanese researchers have shown REM sleep supports brain activities that maintain memory and recover brain function. REM is short for rapid eye movement. It refers to periods of sleep in which the eyes move quickly under the eyelids. Although dreams are known to occur during REM sleep, its role has remained unclear. The researchers carried out tests on mice in which they controlled REM sleep by stimulating the brain. Mice with less REM sleep showed smaller slow brain waves during the following deep sleep. However, longer REM sleep triggered larger slow waves. These slow waves support learning and memory by strengthening connections between brain cells. The findings show the link between REM sleep and brain function. They also suggest REM sleep may affect diseases such as Alzheimer’s and depression, and disorders including autism. Further research could lead to new treatments for these problems.
レム睡眠、重要な脳活動を促進
レム睡眠が記憶の保持や脳機能回復を行う脳活動を促進していることを、日本の研究者らが明らかにしました。 レム(REM)とは、急速眼球運動(rapid eye movement)の略で、眠っている間にまぶたの下で眼球が急速に動くことです。レム睡眠中には夢を見ることが知られていますが、レム睡眠の役割ははっきりしないままでした。研究者らは、脳に刺激を与えることで、マウスのレム睡眠をコントロールし、検査を行いました。レム睡眠を減らしたマウスは次に起こる深い睡眠中に出るゆっくりとした脳波が弱まりました。一方で、レム睡眠を長くした場合は、ゆっくりとした脳波が強まりました。このゆっくりとした脳波には、脳細胞同士のつながりを強化し、学習と記憶を助ける働きがあります。 今回の研究結果により、レム睡眠と脳機能の関連が明らかになりました。また、レム睡眠はアルツハイマー病やうつ病などの疾患や、自閉症などの障害に影響を及ぼしている可能性も示されました。研究をさらに進めることにより、これらの問題に対する新たな治療法につながるかもしれません。
健康・医療
Nail Problems Increase among Young Women
In recent years, fancy nail art has become popular among young women. However, this has caused a sharp increase in nail problems. When using gel nails, acrylic resin is applied and hardened with UV light to form an artificial nail. Repetition of this process can cause the actual nails to become thin and prone to damage. Moisture and germs may also be trapped between the real and artificial nails. In some cases, this can lead to “green nail syndrome,” an infection caused by bacterial overgrowth. The condition causes a green or blackish discoloration and can require medical treatment. To ensure nails remain healthy, it is necessary to monitor any changes in their condition. Taking appropriate care of them is also important, like keeping the fingertips clean. If a problem does occur, a visit to a dermatologist may be required.
若い女性の間で爪のトラブル増加
近年、若い女性の間で華やかなネイルアートが流行していますが、それにより爪のトラブルも急増しています。 ジェルネイルの施術では、アクリル樹脂を塗り、UVライトを当てて硬化させることで人工のネイルチップを形成します。この施術を何度も繰り返すと地爪が薄くなり、損傷しやすくなる可能性があります。また、人工のネイルチップと地爪の隙間に水分や細菌が付着したままになることがあり、細菌が異常増殖することで生じる感染症「グリーンネイル症候群」を引き起こす場合もあります。この感染症にかかると、爪が緑色や黒っぽく変色してしまい、治療が必要となります。 爪の健康を保つには、爪の状態に変化がないかチェックすることが必要です。指先を清潔に保つなど、爪を適切にケアすることも重要です。問題が発生した場合は、皮膚科への受診が必要となる可能性があります。
健康・医療
Obesity Rate Drops for US Children
US researchers have found a large drop in obesity among two to five year olds over the past decade. According to the report, the obesity rate for the group has dropped from 14 to eight percent. Researchers are unsure about the reasons for the surprising trend. However, other surveys have shown families are buying lower calorie foods. The US government has also been steadily promoting the consumption of fruits and vegetables. First Lady Michelle Obama has welcomed the result. She recently celebrated the fourth anniversary of her Let’s Move initiative. The ambitious program is designed to improve nutrition and exercise among children. While around one-third of US adults are currently obese, the finding provides hope for the future. Studies show overweight three to five year olds are five times more likely to become overweight adults.
米、子どもの肥満率大幅に減少
米国の研究者たちは、過去10年の間に2歳から5歳の子どもたちの肥満率が大幅に減少していることを明らかにしました。 報告書によると、この年齢層の肥満率は14%から8%へ減少したとのことです。研究者たちはこの驚くべき傾向の原因について明確に把握できていませんが、米国の家庭では低カロリー食品が購入されていることが他の調査で示されています。米国政府もまた、果物や野菜を消費するよう、着実に働きかけています。ミシェル・オバマ大統領夫人はこの結果に喜んでいます。ミシェル夫人が中心となっている「Let’s Move(レッツ・ムーブ)」キャンペーンは、先日4周年を迎えました。この意欲的な取り組みは、子どもたちの栄養面の改善と運動量の向上を目的としています。 現在、米国では、成人のおよそ3人に1人が肥満ですが、今回の(肥満率が減少しているという)結果は、同国の将来へ希望をもたらします。研究によると、3歳から5歳の肥満の子どもは、成人になっても肥満である可能性が(標準体重の子どもより)5倍になるとのことです。
トップへ