社長のブログ・社会活動・お知らせ

TOPICS
トピックス社長のブログ中央教育審議会で発言しました

中央教育審議会の総会に出席しました。今日の議題の一つは、新年度から始まる新しい教育振興基本計画の素案についてです。素案の中に「グローバルに活躍する人材の育成」という項目がありましたので、この際にと思ってグローバル教育について発言しました。

一点目は、グローバル教育の目標が「グローバルに活躍できる人材の育成」と記されていた事についてです。かつてグローバル教育の目標は「グローバルリーダーの育成」という表現が使われていました。しかし「グローバルリーダー」では、一部のトップ層だけをイメージしがちで、また日本がいつまでも世界のリーダーであるかのような誤った認識を与えかねません。その点で「グローバルに活躍できる人材」に変わったことは評価できるとの意見を言いました。

又、今後はさらに目標を「世界で活躍できる人材」から「世界と共働・共生できる」人材の育成に発展させて欲しいという希望も言い添えました。「グローバルに活躍できる人材」では、世界に出て行って活躍するというイメージだけを与えかねず、それでは地方とグローバルが結びつかなくなります。ICTの発達で日本中どこからでも世界にアクセスできるようになった時代、地方に住んで「世界と共同・共生」することは十分可能ですから・・。

もう一点は、グローバル教育の最大の問題は英語教育が中心になっているということです。英語は世界で生きるために最小限必要な力ですが、グローバルという未知の世界への扉を開けるキーに過ぎません。それよりも大切なのは、扉の向こうの未知の世界を歩く力の方です。ではどうやってその力をつけるのか?グローバル教育という言葉が使われ始めた2010年頃から、ASEANの台頭や、アメリカの保護主義化など世界は大きく変わってきています。2020年オリンピックを前に、今もう一度、グローバル教育のあり方を再考しても良いのではないかと提言しました。

私が意見を出した後で、国際基督教大学の日比谷学長が発言されました。日比谷学長とは、女性同士ということもあり、私が和歌山大学に勤務していた頃から交流させていただいています。日比谷さんの意見は、英語力がグローバルに活躍するためのごく一部であるというのはその通りだけれども、(国が目標としている、中学校卒業時に英検3級程度が50%以上という数値が) 30 %台であるというのは問題。新たな目標値を定める前に、なぜうまくいってないのか、どこが悪いのかを真剣に考える必要があるというものでした。

全く同感です!「たかが英語、されど英語」。日比谷学長とは、ぜひ意見交換してみたいと思っています。

 

 

 

トップへ