社長のブログ・社会活動・お知らせ

TOPICS
トピックス社長のブログ畝傍高校で講演しました

畝傍高校に講演に行きました。きっかけは、関西・大阪21世紀協会の理事長で、畝傍高校の同窓会の会長でもある堀井氏が私の本を読んで、地方とグローバルの可能性について話をしてほしいと紹介してくださったものです。

大阪市内から近鉄特急で約30分のところにある橿原市八木町は、古い昭和にタイムスリップしたような美しい街。その中心にある畝傍高校は、数多くの人材を排出している伝統校です。

木造の校舎は重要文化財で、案内された校長室の高い天井にも圧倒されましたが、壁面に設置された奉安庫(教育勅語やご真影を収めた庫)が印象的でした。

講演には忙しいにもかかわらず、30余名の先生が集まってくださいました。著書の中から、和歌山大学のグローバル教育とその教育によってどう地域の人材が育ったかを紹介しましたが、国のグローバル教育が行き詰まっている現状についても触れて、畝傍高校のような地方の優秀校から新しい方向性を生み出してほしいとの願いもお伝えしました。

帰途、駅のホームで電車を待っているとハラハラと小雪が舞い落ちてきました。ふと携帯を見ると早速先生から感想と質問が送られてきています。真剣に聞いてくださる方がいることを知って嬉しくなり、「いい日だったなぁ」と温かい気持ちで家に帰りました。

 

畝傍高校の奉安庫

トップへ