英語ニュース

  • HOME >
  • ENGLISH NEWS

英語ニュース

過去のニュースの中から豊富なトピックが選べます。
全てのトピックに音声・クイズ・やさしい英語の表現がついています。

人間・文化
Bolivia Lowers Working Age to 10
Bolivia has passed a new law lowering the legal working age from 14 to 10. The International Labour Organization has set a minimum working age of 14 for developing countries. However, over half of all children working in Bolivia are under 14. Many clean shoes or sell food but others face harsh conditions in mining or agriculture. Under the law, from age 10, children can work with parental supervision. From age 12, they can work under the terms of a normal contract. The law also states the children must attend school and includes stricter punishments for violence against children. The new law goes against international efforts to abolish child labor. However, in reality, many Bolivian children already work to help their families survive. The situation is only likely to improve after fundamental changes to Bolivia’s economy.
ボリビア、最低労働年齢を10歳へ引き下げ
ボリビアは、就労可能な法定年齢を14歳から10歳に引き下げる新たな法律を制定しました。 国際労働機関は、途上国における最低労働年齢を14歳に定めています。しかし、ボリビアで働いている子どもの半数以上は14歳未満です。靴磨きをしたり食べ物を売ったりする子どもが多くいる一方で、鉱業や農業で過酷な環境に晒されている子どもたちもいます。同法の下では、子どもは10歳から親の監督下で働くことができます。12歳からは、標準的な労働契約の条件に基づいて働くことが可能です。同法はまた、働く子どもたちに通学の義務を定めており、子どもへの暴力の厳罰化も含んでいます。 この新しい法律は、児童労働を撤廃しようとする国際的な取り組みに逆行しています。しかし、実際には、すでにボリビアの子どもたちの多くが自分の家族の生活を助けるために働いています。こうした状況は、ボリビアの経済が根本的に変化して初めて改善されるのではないでしょうか。
国際・国内社会
Japan Creates New Public Holiday
The Japanese government has created a new public holiday called Mountain Day, to be celebrated from 2016. The introduction of the holiday follows lobbying by the Japanese Alpine Club and other groups. According to these organizations, Japan’s mountains are an important part of its culture and should be recognized. The legislation required for the holiday was supported by both government and opposition parties. However, politicians may have more practical reasons for backing the law. Many office workers tend not to take time off even if they have a paid vacation. National holidays make it easier for them to take leave from work. The Abe government has said it wishes to improve the work-life balance of employees. Previous administrations have also promoted limits on overtime. From 2016, Japan will have 16 national holidays, the most of any G8 country.
新たな祝日「山の日」制定へ
日本政府は、「山の日」という新たな国民の祝日を制定しました。この祝日は2016年から祝われることになります。 「山の日」の導入は、日本山岳会などの団体によるロビー活動を受けてのことです。これらの団体によると、日本の山々は日本文化の重要な一部であり、広く認められるべきであるということです。この祝日の制定に必要な法案は、政府と野党の両方に支持されました。しかしながら、政治家たちがこの法案を支持したのには、より現実的な理由があったのかもしれません。多くの会社員は、有給休暇があるとしても休みを取らない傾向があります。国民の祝日によってそうした人たちが休みを取りやすくなります。 安倍政権は、労働者の仕事と生活のバランスを改善したいと述べています。これまでの政権もまた、残業時間の制限を推進してきました。2016年より、日本の祝日の日数は16日となり、主要8カ国の中で最多となります。
健康・医療
Obesity Rate Drops for US Children
US researchers have found a large drop in obesity among two to five year olds over the past decade. According to the report, the obesity rate for the group has dropped from 14 to eight percent. Researchers are unsure about the reasons for the surprising trend. However, other surveys have shown families are buying lower calorie foods. The US government has also been steadily promoting the consumption of fruits and vegetables. First Lady Michelle Obama has welcomed the result. She recently celebrated the fourth anniversary of her Let’s Move initiative. The ambitious program is designed to improve nutrition and exercise among children. While around one-third of US adults are currently obese, the finding provides hope for the future. Studies show overweight three to five year olds are five times more likely to become overweight adults.
米、子どもの肥満率大幅に減少
米国の研究者たちは、過去10年の間に2歳から5歳の子どもたちの肥満率が大幅に減少していることを明らかにしました。 報告書によると、この年齢層の肥満率は14%から8%へ減少したとのことです。研究者たちはこの驚くべき傾向の原因について明確に把握できていませんが、米国の家庭では低カロリー食品が購入されていることが他の調査で示されています。米国政府もまた、果物や野菜を消費するよう、着実に働きかけています。ミシェル・オバマ大統領夫人はこの結果に喜んでいます。ミシェル夫人が中心となっている「Let’s Move(レッツ・ムーブ)」キャンペーンは、先日4周年を迎えました。この意欲的な取り組みは、子どもたちの栄養面の改善と運動量の向上を目的としています。 現在、米国では、成人のおよそ3人に1人が肥満ですが、今回の(肥満率が減少しているという)結果は、同国の将来へ希望をもたらします。研究によると、3歳から5歳の肥満の子どもは、成人になっても肥満である可能性が(標準体重の子どもより)5倍になるとのことです。
3 / 3123
トップへ